記事一覧

イヤーカフの種類と取り入れ方


愛らしい小ぶりからインパクトのある大振りなものまで、さまざまな種類があるイヤーカフ。種類ごとの特徴と着け方を紹介します。
リング型
フープピアスのような見た目をしたリング型は、イヤーカフの中で最も定番の形です。どれにしようか迷ったら、シンプルなデザインが多いリング型がおすすめ。ブルガリ ジュエリー主張が強すぎないので、ピアスやイヤリングとの重ね着けにも向いています。大ぶりのイヤリングに、小ぶりでシンプルなリング型イヤーカフを重ねると華やかさが増します。フェミニンなイメージの揺れるピアスに合わせるのも良いでしょう。留め具がないので、着ける前に開口部を少し狭めておくと安定しやすいです。
クリップ型
イヤリングに近い感覚で耳を挟んで止めるのが、クリップ型です。他のイヤーカフに比べてしっかりと固定されるので、落とす心配が少なく、挟むだけなので着ける位置も好みで変えられます。クリップ型には華やかで大ぶりなデザインが多く、パーティーなどのお祝いの場所にも人気です。耳の曲線に合わせてデザインされていることが多いので、購入前に自分の耳に合せてサイズ感を確認しましょう。また、片耳のみ購入する場合はどちらの耳用かも確認します。
フック型
耳のうしろに引っ掛けるタイプで、最も付け外しが簡単です。華やかでおおぶりなものも多く、片耳だけでもインパクトがあります。シンプルコーデのアクセントとして活躍すること間違いなし。真鍮(しんちゅう)製で耳にフィットするよう形を変えられるものが多く、自分の耳に合わせて使えます。シェーヌダンクル 偽物固定するパーツがないので、眼鏡やマスクの着脱の際に落とさぬよう注意しましょう。
チェーン型
リング型の土台にチェーンを組み合わせたデザインです。留め具が2カ所あるのが一般的で、チェーンは少したるませて緩めに付けるのがおしゃれ。個性的なデザインのものが多く、重ね着けせずに単独で使用するのがおすすめです。片耳だけでも存在感は抜群です。

コメント一覧

ファッション情報 Eメール URL 2021年07月02日(金)13時06分 編集・削除

流行のファッションや最新のコレクション情報、バッグ、ブランドバッグ、話題のおしゃれスポット、注目のイベントなどといった最新トレンド情報をお届けします。url:https://www.youtube.com/channel/UCHO48F-e3Ha45mNv2z5fetA

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー